東京神楽坂&リモートセッション|エネルギー療法院 パナケイア

フラワーエッセンス集中研修

6月下旬、高原氏主宰のSeeds of Angelicaで行われたフラワーエッセンス集中研修で、お手伝いをさせていただきました。研修期間+数日を緑豊かな自然に囲まれて過ごし、全身にそのエネルギーをたっぷりと浴びてきたように感じています。

目次

集中研修に参加して

研修先の岡山から戻って約2週間が経ちますが、緑濃い時期の自然豊かな里山のなかで過ごした時間は格別なものでした。

日の光、鳥の声、時折出会う動物、道々で見かける植物、夜散歩で出会えたほたる、などなど。
私のいつもの生活にはないものが溢れていて、日が経つごとにそんな環境をまるっと自分の全部で味わって楽しんでいました。

地元の方々とも短い時間でしたが交流でき、温かで優しい触れ合いを感じさせてもらえました。

そんな環境のなか、参加者の方たちが自分のためにフラワーエッセンスをつくる場に関わらせていただいたことは、文字どおり有難い経験でした。



普段の生活から離れたことも大きかったのでしょう。頭やこころが静かに澄んでいき、リラックス度は高まりながらも研ぎ澄まされた感覚で過ごしていました。

リラックス度高く、研ぎ澄まされた感覚。いろいろな緊張やこわばりが解け、周りに対しても自分自身に対してもオープンで開かれた感覚とも言えるし、自分の内側の声を聴きやすくなるような感覚とも言えるかな。

これはハンズオンヒーリングを受けている時にも似たような感覚を感じることがよくあり、私がヒーリングを受けることが好きな理由の一つです。ヒーリング中や後に、安心して開かれた感覚のなかで自分のことを感じていると、日常生活のなかでは感じとりにくいことを感じることができたり、自分の持っていたちょっとした違和感や問いに「そうか!」とヒントがあったり。

そんな通ずるところを感じながら過ごせたことも幸せなことでした。

受けとったものを渡していくという巡り

私はこれまでにそれなりの数、集中研修という場に参加をしてきました。いつもいる所を離れ、仕事や家事等からも離れて、自然の中で過ごしながら好きなことの学びに集中できる時間は、ほんとに貴重なものでした。

そこでだからこそ学べたこと、経験できたこと、知識としてだけではなく体感として吸収できたことがあり、目に見える、見えないの両方を含めて、たくさんのことを受けとらせてもらっています。今の自分の土台が安定しているのも、こうした経験に太くつながってのことです。

そうした自分が肌で感じ、受けとってきた大切なことや経験を、今回の研修という学びの場に返していくことができていたのではないか…と、終わってみての今、振り返って感じています。

研修中は一日、一日に集中していたので、そうした意識を強くもっていた訳ではなかったのですが、結果としてそうであったならば、それはとても自然なことなんだと感じますし、その自然な巡りのなかにふるまえたことを嬉しく思います。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる