URLが新しくなりました https://healing-panakeia.com/

宮代プロフィール

目次

教育背景

宮代ひろよ 
青山学院女子短期大学 児童教育学科卒業
卒業後は幼稚園教諭、会社員として働いた経験があります。ヒーリングを学び始め、2008年に個人セッションを開始するまでは、リフレクソロジストとして病院系列のアロマテラピーサロン、人間ドック併設のリラクゼーション施設などで、人の体に触れさせていただく、体からその人の状態を感じさせていただく経験を重ねました。子ども好きなこともあり家庭福祉員をしていた時期もあります。

2001年 ライフスクール(現School of Healing Arts and Sciences)入学

2004年 School of Healing Arts and Sciences 統合エネルギー療法科入学

2008年  個人セッション開始

2009年 関係性エネルギー療法ディプロマコース修了

2013年 統合エネルギー療法科卒業

2016年 アルケミープラクティショナー認定

現在は神学科に籍をおき学びを深めています。

ヒーリング/エネルギー療法を学ぶきっかけ

自身の家庭が機能不全気味であったことから、穏やかで温かい家庭を築くことは子どもの頃の夢の一つでした。

結婚後、思い描いていた穏やかで安定した家庭をもち、落ち着いた日々を過ごしていた何気ない日常のある日
「このままでは何かが違う気がする…」
という想いがふっと自分の内側から沸きあがったことがありました。不思議な瞬間でしたが、確かな感覚でした。

出産後に体調を崩したことや子育てでの悩みをきっかけに、体のこと、心のことに強い関心を持つようになり、やがてそれらを媒介するエネルギーのこと、エネルギーの世界に興味が広がっていきました。

「何かが違う気がする…」を追求していくタイミングが訪れた時だったのだと…今になれば思います。

学び始めて

心のことには元々関心が強かったので、加えて体のこと、それらを繋ぐエネルギーのこと、これらを学んでいくことはとても興味深いものでした。

未知の世界に入り、新しいこと、知らなかったことを、体感を伴いながら身につけていくことは、簡単なことではありませんでした。が、学びたかったことを専門的に学び、探求していくことができる喜びと楽しさが上回っていました。

そして、学びでの訓練と並行する形で、ヒーリングはもちろんのこと、心理療法(箱庭、夢、アートセラピー)、フラワーエッセンス療法、ボディワークなどを継続して受けました。五感+αの感覚が徐々に開いていき、自分の体や心にゆとり、スペースが生まれ、縮こまっていた体や心がのびのびとしていく感覚がありました。

呼吸に例えるならば、それまでは当たり前だと思っていた自分の呼吸が、実は浅いもので、より深く呼吸をすることが可能だったんだという感覚です。

こうして、深まる学びとともに、
「人は、体のみならず、心や感情、思考、精神などの目に見えないところまでをも含んで人として存在している。」
ということを、身をもって感じるようになっていきました。

ヒーリングの様子/研修

研修で訪れた思い出の場所

インドネシア/バリ島
マレーシア/ボルネオ島

豊かな自然、ゆっくりと流れる時間の中で行われる長期間の研修。参加を始めた当初の私は、まだ子育て真っ最中。日常生活を離れて自分が自分のためだけに一日を使える、ほんとうに贅沢で貴重な日々でした。こうした時間を過ごす中で、自分自身との繋がりをより深めていくことができました。

フランス/ルルド
フランス/カルカソンヌ

研修で訪れた先では、その土地その土地のエネルギーに包まれ、そのエネルギーを感じながら過ごしました。日本を離れることで、日本や自分の住む土地のエネルギーも客観的に感じられるようになりました。普段自然に親しむ機会の少なかった私には、山や川、花、樹木などなど、自然に恵まれた環境の中で多くを過ごす経験は、ヒーリングと同様に、自分の中にある自分を支える力をたくましくしていってくれました。

研修先での食事。美味しい食べ物を美味しく味わいながら食べる経験は、体も心も満たしてくれる豊かな時間でした。食べ物を口にして、体に入れることへの意識が変わり、日常においても食事の時間が体や心の滋養となるよう心がけるきっかけをもらいました。

目次
閉じる