神楽坂&リモートセッション|エネルギー療法院 パナケイア

田中プロフィール

ペイペルテューズ城 (フランス研修), タイトル背景写真は城外に咲いていた野ばら
目次

背景

田中ミカ

SHAS 認定 ハンズオンヒーラー

関係性エネルギー療法認定 上級プラクティショナー

SHAS 認定 アルケミープラクティショナー

SHAS (School of Healing Arts and Sciences)


2003年 ライフスクール (現 SHAS) のライトワーカーズトレーニングで学び始める

2006年 ハンズオンヒーリング/統合エネルギー療法科入学

2009年 個人セッション開始、関係性エネルギー療法 (チャクラコードヒーリング) ディプロマコース修了

2016年 SHAS アルケミープラクティショナー認定、統合エネルギー療法科卒業

現在は神学科で学んでいます。


企業で事務職を経験した後、ディスプレイデザイン業に転職。デザイン制作に携わり依頼者のイメージを形にする仕事をしてきました。その後、環境問題や食や生活の安全に取り組む団体に入り、誌面のデザインに従事しました。

ティルタエンプル
ティルタ・エンプル, こんこんと湧き出る泉 (バリ島リトリート)

自分の生き方や仕事について考えたときに、環境の問題、食や生活の安全性、社会のことについても思いが至りました。

自分なりに生活や行動を変えることを始めましたが、根本的なことは何かを模索していたときに、ある環境問題についての講演会で、「意識を変えること」という話を聞いて深く納得します。

その後、現在の SHAS に、自分が知りたい何か、根本につながる何かがあると感じて、ライトワーカーズトレーニングに入学し、体と心のことや目に見えないエネルギーの世界のこと、自然との関わりとアルケミーのことなどを学び、トレーニングを積んできました。自分を知り、自分の本質とつながり生きることが、全ての土台になると感じてその道程にいます。

アンコールワット, 圧倒的な荘厳さとシンメトリーの美しさが印象的でした (カンボジア研修)

学びと取り組みの経験から

エネルギーを知り理解するためには、まず自分自身を知ることが必要でした。自分のことは知っているようでわかっていない、見えているようで見えていない(見ないようにしているともいえます)、性格だから体質だからと思っていたものは、実際には本来の自分の質ではなかったり‥‥、自分を見つめて見直すことを心理療法、ロルフィングやボディワーク、ハンズオンヒーリングなど、それぞれサポートを受けながら取り組んできました。

意識に興味があったことから、体よりも心の部分に関心があったのですが、体が変わり健康度合いがあがることで心も安定する、行動が起こしやすくなるなどを経験し、体をよい状態にしておくことの大切さを知りました。

ヒーリングは、体と心のバランスをとる手助けとなりました。バランスがとれ幅と奥行きが出て、自分自身がくっきり、はっきりと感じられるようになり、自分の中心がしっかり、どっしりしてきました。中心は自分自身の中に在ったものなので、ブレても戻る中心は自分の中に在り、決してなくなることはないという感覚。

これを体感したことで自分の内側から自信がつき、以前とは生きる楽しさの質が変わって、精神的な豊かさを感じられるようになりました。

タ・プローム
タ・プローム, 遺跡とガジュマルの木が一体化した空間に悠久の時の流れを感じました (カンボジア研修)

目に見えないエネルギーの世界を学び、目に見える物質世界をエネルギーの視点から見ていくと、それまで感じていた自分や社会に対する矛盾や閉塞感が少なくなり、自分の中にスペース・余裕が生まれて、窮屈なものの見方が変わっていきました。

選択肢がないと思っていたことの多くは思い込みであったこと、選択肢の幅は広げていくことができるのです。

キナバル山, キナバル自然公園では自然の治癒力を体験しました (ボルネオ島研修)

自己への取り組みを重ねていった頃、「人はみな目的を持って生まれてきている」という言葉が腑に落ちたと感じたことがあります。子どもの頃、「生まれてきたことには意味があるはず」と思うようにして過ごしてきた時期があったのですが、その時の自分はすでに変化し癒されていることにも気づきました。

これらを経験したことから、ヒーリングを通して、体と心、全体 (肉体・感情・思考・精神) をよりよい状態、よりその人らしい状態にしていく手伝いをしたいと思うようになり現在に至ります。

自然の中で学ぶリトリートや長期の研修に参加してきました。日常を離れて、自然豊かな土地でゆったりと過ごす時間は、本来の自分のリズムに戻って感覚を開いていく…、自分に滋養を与える時間となりました。自分の内にあった感情や感覚を呼び覚ますような時を過ごし、内側から満たされて、より豊かになっていきます。

過去のブログ記事ですが、ボルネオ島研修バリ島リトリート1-4のことを書いています。

バリ島リトリートで描いたMANDALA、ボルネオ島のオランウータン(森の人)と小学校の課題で飼育したカイコ

ヒーリングの経験から

ヒーリングをしているときに、自然の美しさ尊さに触れたときに感じるものと、同じようなものをクライアントその人に感じることがあります。

人は自然と同じところにつながっていること、そしてその背後にある、目に見えない大きなエネルギーを感じ、わたしたちも体を持ったエネルギーの存在であることを思うのです。

ガラマ川, 移り変わる空の色が美しい時間の流れでした (ボルネオ島研修)
目次
閉じる